--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/03/26

松山初日とか

最近競輪のオッズと囲碁の棋譜とアニメしか見てない。

競輪の車券買いに行くのに40分くらい自転車漕ぐのが唯一の運動。

しかし往復80分って結構な運動になってる気がする。

ギャンブルのお陰で人間としての尊厳を保っているという謎の状況

最近スマホのアプリの囲碁にはまっている。

最初は一番弱いやつにも勝てなかったが、要領を得てきてその3つくらい上のやつにも勝てるようになった。

いまだに詰碁は苦手だから終盤に泣くことが多い

強くなってるという実感があるうちは楽しめそう。

もはやこの話題ばかりな気がするが、競輪の話

先週末の玉野は新田くんのお陰でいくらか稼がせて貰った。

やはり新田浅井平原は単体でも強い、SSにふさわしい走りを見せてくれる。

問題は平塚FⅠである。

初日は深谷に裏切られる。

2日目は 10R,11R両方で三連単を当てたがクソ配当でガミる。

最終日再び深谷頭で買うも飛ぶ。

FⅠすら優勝できないのかね君。

深谷は買うなと言う授業料を払うはめになった。

というか、深谷くん毎回同じ負け方するのやめてくれませんかね。

足はS級でもトップクラスなのに立ち回りが絶望的なまでに下手

捲っても内側から叩かれて飛ぶし、逃げても外から叩かれて飛ぶ

今年もS班へ返り咲くのは厳しいだろうと思う。

村上弟が地元を難なく前にいかせたのも思うところがないわけではないが、まあそういうものなのだと思う他ない。

さて本日は松山GⅢ初日である。

10,11,12を買いに行った。基本それ以外は買わないのだけれども。

まず10Rだが、ド本命の平原率いる関東ライン

対抗するは箱田ー小野Dの北とダービー準優勝の川村といったところ

結果は関東ラインで最後諸橋が空気を読まない差しを決めての5-7-2

この車券買ったものとばかり思っていたので、ガッツポーズしたらなぜか無い。

5-7-3とか5-7-4はあるのに5-7-2だけがない。

どうやら車券を書ききらなかったために次の紙にマークする際に抜け落ちていたようである。

安かったので諦めはつくが、ただただ肩を落とす他なかった。

実際エアアプリの方ではしっかり買っていた。

ちなみに払い戻し17000は平原諸橋の2連複であるが、実際はこんな買い方するつもりはない。

それなしだとガミってるのはどうしようもない。

11Rは近畿脇本-村上とその後ろにつける地元渡邉、対抗は山崎率いる北という感じであった。

正直これは村上頭で間違いないだろうと思っていた。

脇本逃げで、村上が車間あげて差してワンツーというムードだった。

予想屋のおっちゃんが渡邉はついていくだろうって言うことだったので9-16-1356と予想

加えて仮にもSSの山崎なら頭で勝っておくかと思い5-2-89,5-9-126

更に大穴狙いで5-6-29

結果は最終バックから山崎が捲って勝利、そこまではよかったのである。

村上は何故か北の番手守澤にブロックをキメ、守澤と共に飛んでいく

村上の後ろにつけていた渡邉が棚ぼた2着、また北の三番手齋藤が同じく棚ぼた3着

結果2-6-8で配当22万

三番手二人が2,3着ってどういうことや

12Rは本命浅井林の中部に対抗原田橋本の地元四国、あと南関

浅井頭は堅いので、1-29-279

浅井が捲るが林は着いていけず切れて、橋本は最後粘れず松川に差されて1-2-6

当然松川など買っているわけもなく惨敗

しかしこの車券、以前のフォーメーションで馬鹿買いしてたときなら絶対に買ってる車券であ

あの頃は必ず地方1人の奴は3着に入れていたのである。

3着は絞ると外す、往々にしてそういうものである。

惨敗も惨敗である。

三日目と最終日は用があって行けないので参戦するのは明日までであるのて、明日は気持ちよく帰らせてくれ…

話は変わってアニメの話題

今年度も残すところ一週間となり、冬アニメも終わりに差し掛かっている。

個人的にはGEOでDVDを借りてきて古いアニメを見ていたので、何が一番面白かったかといわれれば『銀河英雄伝説』と答える他ないのであるが、それではあまりに悲惨なので、テレビ放送をされた中でよかったと思うものをいくつかあげる。

まず、僕のいない町は外せないだろう。僕は読んでいないが、原作も評価が高いようである。ノイタミナの枠であったし、最初から期待して見ていたが、期待して以上によかったために、非常に満足した。

ノイタミナはハズレは酷いが、基本的には安定感があり毎回期待している。

ちなみにノイタミナのハズレの傾向は、何か主義主張を含ませるような作品に多い。

もともと女性向けに作られたアニメ枠であったが、のだめカンタービレなど男女共に楽しめる作品が多い。

一昨年は突如、七々々とかいう唐突に萌えに走り中身も何もない作品を生み出し大爆死をキメたが、あれはなんだったのか未だに謎である。

話は僕町に戻るが、雛月が子供を抱えて出てきたときには少しばかりの絶望もあったが最初から最後までドキドキさせられて楽しめた作品でした。

原作はどうやら結末が違うようなので、そちらの方も読もうと思う。

次に、この素晴らしい世界に祝福を 

なろうの系譜であり、しかもなろうで大流行(笑)の異世界転生ものときて、見る前はあまりいい印象はなかった、、あまりというか、皆無であった。

しかし、実際見てみるとよいギャグアニメであった。

細かい設定を作ろうとてたら、小さい矛盾がつもりに積もって世界観がガバガバになる作品とか、敵には敵の正義がある!とかいう煩わしい世界観のために読めば読むほど不愉快な気持ちになる作品とか、主人公がただひたすら俺TUEEEEEEEEEEEEEEしている作品とかが多いなろう系譜のなかで、純粋に楽しめる作品だった。

頭空っぽにしてみれるのがよい。

二期が決まったようであるが、原作を持っている人曰く、二期を作る話のストックはないらしい。

二期決定自体がかなり急に決まったことであるらしい。思いの外反響を呼んだのだろう。

二期楽しみにしてます。

あと、ゲートやらグリムガルも個人的には面白かったと思うよ。紅殻のパンドラは、原作を持っているので、動いて声が付いただけで満足。

プリンスオブストライドは女性向けなんだろうけど、青春してて見てて気持ちよかった。

ハイキューやワートリは言うまでもなく面白かった。ただ、ワートリのアニメオリジナルエピソードは面白くなかったぞ。

ウルトラスーパーアニメタイムもよかったよ、新海誠のやつの枠の前2つを除けばな。

新海誠のやつは絵も雰囲気も好きだ。ギャル子はレギュラー化してくれ。

MFJは相変わらずクソ、でもそれがいいんですよ(白目

見なくてよかったかなーと思ってんのは、へヴィーオブジェクト、ブブキブランキ、デュラララあたりか純粋におもんなかった

dimensionWはそこそこ面白かったよ。うたわれは原作をやったから、改悪多くてゲンナリしたし作画もだんだん手抜きになってて悲しい。

ハルチカはハルタがウザい。

こんなところですかね。おそ松は見てない。だがしかしも見てないが、あれは見ようと思う。落語のやつも面白いらしいので、時間ができたら見ようと思う。

スマホで書いてるから、内容がメチャクチャだと思う。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

突然のご連絡失礼致します。
きみきと申します。
英雄伝説のアンテナサイトを運営しているのですが、
貴サイト様を拝見させていただきまして、
是非相互リンクさせていただきたくご連絡差し上げました!
URL: http://goo.gl/jerxjv
お手数をお掛け致しますが、ご検討のほどよろしくお願い致します。

nisi

Emptyisland

AGE:21

JOB:クズ大学生

趣味:アニメ鑑賞 ゲーム

日記的なアレとかアニメについてのアレとか

リンクフリー
Emptyisland

こっちがメイン
Twitter




グランブルーファンタジー ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。